Main Image
商品 No. KA-0590
表: 羽州住行房
裏: --
姿 鎬造り庵棟、中切先 腰反り浅くつく上品な姿
出羽国
時代 江戸時代後期(慶応頃)
寸法
刃長
2尺 3寸 0分 7厘
69.9 cm
反り
4分 6厘
1.4 cm
元幅
1寸 0分 0厘
3 cm
先幅
6分 8厘
2.1 cm
棟重
2分 4厘
0.7 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 保存刀剣
交付日 令和05年08月25日
登録証
都道府県 山形県
交付日 昭和56年08月10日
詳細情報
板目詰んで杢交じり地沸付く
刃文 腰開いた互の目乱れ、足入り匂口冴える
帽子 直ぐ小丸に深く返る
生ぶ、化粧付き切鑢 刃上り栗尻
目くぎ孔 1
銀地横鑢鎺
価格   売却済  
 
説明
本作行房は「羽州尾形行房」「羽州産尾形治郎源行房」「羽州住行房」と銘を切る行房二代。陸奥国黒川郷吉岡でもうつという。幕末安政、慶応頃の出羽国米沢刀工。本作は腰反り付く上品な姿。鍛えは地沸付く杢交じりの詰んだ板目、刃文は冴えた匂口の腰開きの互の目乱れ、帽子は端正な直ぐに小丸返り。末備前に範を取ったと思われる作。2023年保存刀剣審査合格。
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
KA-0590
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2024
All Rights Reserved.