Main Image

新着情報 刀装具

小柄
Jun 16, 2024
商品 No. KOZ-2830
画題
: 文箱図

: 悦乗作 光倍(花押)

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 長さ: 9.7cm 幅: 1.4cm
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 本作は、悦乗作と蘭乗光倍(らんじょう みつやす)が極めて刻銘した小柄。悦乗は程乗(後藤宗家九代)の次男で寛永十九年(1642)京都生。蘭乗光倍は悦乗の養子で延宝四年(1676)生。系譜は利兵衛家。利兵衛家は初代顕乗、二代程乗とし、三代悦乗、四代蘭乗光倍とされるが、顕乗と程乗は宗家七代および九代を相続しているので、京後藤としては三代悦乗光邦を利兵衛家初祖とし、四代蘭乗光倍が二代ともされる。悦乗は前田家から百五十石を支給され演乗(勘兵衛家二代)と隔年毎に金沢に出張滞在して加州金工の発展に尽くした。父程乗に迫る名工。蘭乗光倍は養父同様前田家の禄を受ける上工。本作は後藤とわかる作風で赤銅魚子地に文箱をあらわし、裏は四分一と銀で竪に割継で張り分ける。2023年特別保存刀装具審査合格。
価格
: 200,000円
KOZ-2830
KOZ-2830
KOZ-2830
Jun 15, 2024
商品 No. TSU-2680
画題
: 鉄線花透図

: 無銘(長州)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.4cm 横: 8.1cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 毛利家を藩主とする長州藩は、多くの鐔工を抱えて財政を潤すべく積極的に作鐔をおこない他国に鐔を供給。長州鐔は拵に用いて釣合いよく広く一般に愛好された。河治、中井、岡本の三家が主流をなし繁栄した。特徴は鉄を磨仕上げとし密画風に画面一杯綿密に山水、草花図を肉彫地透し象嵌を施す。本作は2024年2月審査で「長州」に極められ特別保存合格。精巧優美な鐔。
価格
: 150,000円
TSU-2680
TSU-2680
TSU-2680
Jun 15, 2024
商品 No. TSU-2688
画題
: 流水に影透図

: 天下中興開山 正阿弥家次

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 縦: 7.7cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 家次は予州正阿弥一派。「天下中興開山」を称する。江戸中期、伊予国松山住。本作は小丸と平行四辺形を重ねた様な影透を対照的にあらわし、地には流水が描かれ金布目象嵌が残る。作風は「天下中興開山」を同じく称する京正阿弥一派の正阿弥金拾郎と似ており有縁であろう。意味深い。2024年2月審査で保存合格。
価格
: 60,000円
TSU-2688
TSU-2688
TSU-2688
Jun 15, 2024
商品 No. TSU-2696
画題
: 雪月花図

: 寿景

時代
: 江戸後期から明治初期

寸法
: 縦: 7.0cm 横: 6.1cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 寿景(としかげ)は東龍斎田中清寿門人。一族に政景や義景がいる。東龍斎洋式の特色ある鐔を造る。本作も雪月花の特徴的な意匠に、茎櫃孔の刃方棟方に色金を使った独特の「口紅」(くちべに)と称される責金を施す。一見して東龍斎派とわかる鐔。2024年2月審査で特別保存合格。
価格
: 450,000円
TSU-2696
TSU-2696
TSU-2696
Jun 15, 2024
商品 No. TSU-2714
画題
: 川蝉図

: 一柳斎正光造

時代
: 幕末期

寸法
: 縦: 7.7cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 川蝉は、清流に棲む水辺鳥。長い嘴(くちばし)で水に飛び込んで魚を獲って食べる。狙った獲物は逃さないことから目標達成や望みが叶う縁起の良い鳥として画題になった。正光は、江戸末期の会津を代表する名工。江戸石黒風の作風が見受けられ石黒政常に学んだと考えられる。風景動植物図を精巧な高彫色絵や鋤出彫、据紋高彫色絵などの技法で忠実にあらわす。2024年2月審査で特別保存合格。
価格
: 350,000円
TSU-2714
TSU-2714
TSU-2714
Jun 15, 2024
商品 No. TSU-2715
画題
: 芦(蘆)に雁図

: 一柳斎正光製

時代
: 幕末期

寸法
: 縦: 8.5cm 横: 8.3cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 雁は冬になると北方から日本に飛来し越冬する渡り鳥。番(つがい)の結びつきが強く生涯を同じ相手と添い遂げる。また雁行(Ⅴ字形)になり群れで空を飛び強い絆をあらわす。本作は江戸末期の会津を代表する名工一柳斎正光鐔。正光は江戸石黒風の作風が見受けられ石黒政常に学んだと考えられる。風景動植物図を精巧な高彫色絵や鋤出彫、据紋高彫色絵などの技法で忠実にあらわす。櫃孔内覆輪が施され大切に伝えられた名鐔。2024年2月審査で特別保存合格。
価格
: 300,000円
TSU-2715
TSU-2715
TSU-2715
小柄
Jun 15, 2024
商品 No. KOZ-2716
画題
: 野馬図

: (際端銘)正光作

時代
: 幕末期

寸法
: 長さ: 9.8cm 幅: 1.5cm
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 正光は会津正阿弥派。江戸末期の会津を代表する名工。林光長の子で、会陽正阿弥一柳斎正光製、正阿弥正光などと銘を切る。江戸石黒風の作風が見受けられ石黒政常に学んだと考えられる。風景動植物図を精巧な高彫色絵や鋤出彫、据紋高彫色絵などの技法で忠実にあらわす。本作は鐔が多い同工においてめずらしい小柄。縦長小柄の特長を活かし、柳を上部に添えて生気溢れる野馬を描写している。2024年2月審査で保存合格
価格
: 250,000円
KOZ-2716
KOZ-2716
KOZ-2716
Jun 12, 2024
商品 No. TSU-2829
画題
: 一本竹透

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.4cm 横: 8.3cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 耳を竹状にして鉄地丸形の中央に一本の竹葉を地透で堂々とあらわす。趣がある鐔
価格
: 45,000円
TSU-2829
TSU-2829
TSU-2829
Jun 12, 2024
商品 No. TSU-2828
画題
: 雲龍図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.5cm 横: 8.3cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 雲龍を素銅磨地全面に片切毛彫で描く大振りの鐔。耳には銀鍍金、小柄櫃孔には銀内覆輪を施す。作風より庄内金工作と鑑せられる。裏面に僅かながらいたみあるが時代の証左と許容していただきたい。
価格
売却済
TSU-2828
TSU-2828
TSU-2828
Jun 12, 2024
商品 No. TSU-2827
画題
: 五つ葵紋唐草図

: 無銘(平安城象嵌)

時代
: 江戸時代前期

寸法
: 縦: 7.4cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 平安城象嵌鐔は鉄地に真鍮を据紋または平象嵌する技法の鐔。古くは室町時代後期から江戸期にわたり多様化しながら長い間作られた。本作は、五つ葵紋と唐草を平地と土手耳に真鍮平象嵌している。時代は江戸前期頃迄上がると鑑せられる。保存刀装具審査合格。
価格
: 65,000円
TSU-2827
TSU-2827
TSU-2827
Jun 10, 2024
商品 No. TSU-2825
画題
: 茗荷茶筅扇雁金透図

: 無銘(京透)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.4cm 横: 8.4cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 京透鐔とは京都を中心にして製作された地透鐔。有銘作はない。尾張鐔や赤坂鐔と共に古来より人気が高い。京透鐔は鍛錬の良い鉄を地鉄にやや薄手で平面的。櫃孔は縦長で切羽台は丁寧に楕円をあらわす。耳は角耳わずかに肉付く。透しの際が鏨切立ち、図柄は古い伝統に培われた京都の優雅で洗練された表現になる。本作は、抱茗荷・茶筅・扇を対称に配して雁金で繋ぐ人気の意匠。作風により同じ意匠でも雅味あり武骨であれば赤坂や尾張の極めがつく。丁寧に毛彫が施され繊細優美な特徴がよく表れている京透鐔。2000年特別保存刀装具審査合格。
価格
: 200,000円
TSU-2825
TSU-2825
TSU-2825
Jun 10, 2024
商品 No. TSU-2826
画題
: 抱茗荷雁金霞透図

: 無銘(尾張)

時代
: 桃山時代

寸法
: 縦: 8.1cm 横: 8.0cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 尾張と極められた厚手、大振り、丸形、鉄地、角耳小肉、地透鐔。精良な地鉄には深みがあり、耳に鉄骨があらわれ重厚で骨太。中低(なかびく)が顕著な造込み。構図は抱茗荷と雁金の対称的な透に見えるが精察すると微妙に違えている。地透鐔の優品。2024年保存刀装具審査合格
価格
: 200,000円
TSU-2826
TSU-2826
TSU-2826
May 28, 2024
商品 No. TSU-2820
画題
: 梅樹透図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.4cm 横: 8.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 黒味を帯びた鉄磨地で造り込みには手強さがある。未審査ながら肥後林極めと思われる鐔。
価格
売却済
TSU-2820
TSU-2820
TSU-2820
May 28, 2024
商品 No. TSU-2821
画題
: 花桐透図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.8cm 横: 7.4cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 桐は鳳凰の宿る神聖な木とされ、菊と共に格式のある紋章とされる。本作は鉄質よく、写実的な花桐を毛彫地透により洗練味ある構図であらわす。品位が窺え極めにおもいを廻らす鐔。
価格
売却済
TSU-2821
TSU-2821
TSU-2821
May 28, 2024
商品 No. TSU-2822
画題
: 抱茗荷に茶筅透

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 6.4cm 横: 6.3cm 切羽台厚さ: 0.6cm 
説明
: 撫角の菊形に造り込み、抱茗荷と茶筅を雁金で繋いだ意匠。鉄味良く洗練された構図の小振りな鐔。
価格
: 50,000円
TSU-2822
TSU-2822
TSU-2822
目貫
May 21, 2024
商品 No. MEN-2816
画題
: 狗児図

: 割際端銘 熊谷・義之

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.5cm
  左横: 2.1cm  右横: 2.2cm
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 熊谷義之は仙台出身。江戸に出て肥後藩細川家の抱工として四谷に住み、本国肥後の工法に工夫を加えて鉄地に金銀の布目象嵌を施し「江戸肥後」と称される鐔や小柄を造り活躍した。本作は割際端で特徴的な「熊谷・義之」銘が刻された狗児(くじ・いぬころ・仔犬)図目貫。熊谷の目貫は希少。2023年保存刀装具審査合格。
価格
: 120,000円
MEN-2816
MEN-2816
MEN-2816
目貫
May 21, 2024
商品 No. MEN-2817
画題
: 丸龍図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.2cm  右縦: 1.3cm
  左横: 2.3cm  右横: 2.2cm
説明
: 細部にわたり鏨を効かせた丸龍図出目貫。
価格
: 40,000円
MEN-2817
MEN-2817
MEN-2817
May 21, 2024
商品 No. TSU-2818
画題
: 市松文様霰散図

: 無銘(古金工)

時代
: 室町時代

寸法
: 縦: 6.7cm 横: 6.4cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 室町時代の金工物で後藤や京・美濃物などに特定出来ない作を古金工と総称する。画題の市松模様とは格子模様の一種で、色違いの四角形を交互に配した模様。 江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松が舞台衣装の袴に愛用して広まり「市松模様」と言われるようになったが、市松登場以前は、石を敷き詰めた形に似ていることから、石畳文と呼ばれていた。本作は石畳に雨雫の図。山銅地の素朴で古色漂う雅味ある鐔。2023年保存刀装具審査合格。
価格
売却済
TSU-2818
TSU-2818
TSU-2818
小柄
May 17, 2024
商品 No. KOZ-2815
画題
: 富士山七宝図

: 弘化四孟春試刀 平田彦乗(花押) 

時代
: 江戸時代後期(1847)

寸法
: 長さ: 9.8cm 幅: 1.5cm
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 平田家の初代道仁は慶長年間徳川家康の命を受け、朝鮮国に渡り韓人について七宝術を学び、帰国して幕府抱え工の七宝師となり装剣用具他を製作した。その七宝技術は透明感の少ない泥七宝と称せられるもので細工が美麗高尚、当時天下太平を望む武人の賞賛を博した。その術は一子相伝で他に伝授することはなく幕末まで十代続いた名家。本作は、弘化四年孟春(1847年初春)の年紀を添えた九代平田彦乗(げんじょう・就將なりまさの入道名)の目出度い富岳図七宝小柄。特別保存刀装具。
価格
売却済
KOZ-2815
KOZ-2815
KOZ-2815
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2024
All Rights Reserved.