Main Image
商品 No. YA-0119
表: 宣勝(大小袋槍)
裏: --
姿 両鎬袋槍
肥後国
時代 江戸時代後期
寸法
刃長
5寸 4分 8厘
16.6 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和05年03月10日
登録証
都道府県 神奈川県
交付日 昭和36年03月22日
詳細情報
小板目流れる
刃文 直刃、小足入り、葉、喰い違いをみる
目くぎ孔 2
説明
袋槍は槍の一種。普通の槍は細い茎を柄に差し込むが、袋槍は茎が袋状(管状)で、その袋(管)の中に柄を差し込み、袋(管)に開けた目釘孔から目釘を差し込む。製法は長方形の鉄板を円く曲げて袋(管)状にしてその上に身(穂)を継ぐ。袋槍は、穂先だけを携行し、柄は戦場近くで木を伐採して袋に差込み目釘を打って使用する。平時には夜行の時など杖の先につけて用いられた。黒田長政が袋槍を好んだが総じて袋槍は少ない。宣勝は肥後熊本住。古刀延寿鍛冶の末孫で熊本藩工。初め美作国津山の多田正利に学び、のち江戸に出て津山藩工の細川正義に学ぶ。明治四年(1871)75歳没。槍の製作を得意とした。本作は宣勝の大小袋槍。登録証連番(神奈川31824・31825)の由緒窺わせる作。大と小の各々に特別保存刀剣の鑑定書が付されている。大:刃長16.6cm/全長26.9cm/目くぎ穴2固 小:刃長11.2cm/全長20.1cm/目くぎ穴1固
価格   売却済  
 
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
YA-0119
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2023
All Rights Reserved.