Main Image

新着情報

目貫
May 21, 2024
商品 No. MEN-2816
画題
: 狗児図

: 割際端銘 熊谷・義之

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.5cm
  左横: 2.1cm  右横: 2.2cm
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 熊谷義之は仙台出身。江戸に出て肥後藩細川家の抱工として四谷に住み、本国肥後の工法に工夫を加えて鉄地に金銀の布目象嵌を施し「江戸肥後」と称される鐔や小柄を造り活躍した。本作は割際端で特徴的な「熊谷・義之」銘が刻された狗児(くじ・いぬころ・仔犬)図目貫。熊谷の目貫は希少。2023年保存刀装具審査合格。
価格
: 120,000円
MEN-2816
MEN-2816
MEN-2816
目貫
May 21, 2024
商品 No. MEN-2817
画題
: 丸龍図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.2cm  右縦: 1.3cm
  左横: 2.3cm  右横: 2.2cm
説明
: 細部にわたり鏨を効かせた丸龍図出目貫。
価格
: 40,000円
MEN-2817
MEN-2817
MEN-2817
May 21, 2024
商品 No. TSU-2818
画題
: 市松文様霰散図

: 無銘(古金工)

時代
: 室町時代

寸法
: 縦: 6.7cm 横: 6.4cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 室町時代の金工物で後藤や京・美濃物などに特定出来ない作を古金工と総称する。画題の市松模様とは格子模様の一種で、色違いの四角形を交互に配した模様。 江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松が舞台衣装の袴に愛用して広まり「市松模様」と言われるようになったが、市松登場以前は、石を敷き詰めた形に似ていることから、石畳文と呼ばれていた。本作は石畳に雨雫の図。山銅地の素朴で古色漂う雅味ある鐔。2023年保存刀装具審査合格。
価格
売却済
TSU-2818
TSU-2818
TSU-2818
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2024
All Rights Reserved.