Main Image

新着情報

Feb 11, 2024
商品 No. TSU-2751
画題
: 群鷺図

: 無銘(秋田正阿弥)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 秋田正阿弥極めの鐔。秋田正阿弥は出羽国秋田居住の正阿弥派鐔工。実質的初祖といわれる正阿弥伝兵衛重吉が18歳で江戸に出て正阿弥門に入り修行して正阿弥姓を許され帰国。延宝三年(1675)佐竹藩工に採用されて以来、重高・重常・重央・重恒などが伝承し幕末に至る。他別系として後藤宗家十一代通乗に学んだ石川重広などの正阿弥鐔工達もいた。作品は鉄地以外の変り金を用いた象嵌色絵の金工形式が多い。本作は四分一地で土手耳を素銅にして空飛ぶ鷺と水地の鷺とを絵画図様にあらわす。秋田正阿弥らしい金工鐔。
価格
売却済
TSU-2751
TSU-2751
TSU-2751
Feb 11, 2024
商品 No. TSU-2753
画題
: 秋草図

: 無銘

時代
: 桃山時代

寸法
: 縦: 8.1cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 古金工というよりは古美濃と鑑せられる鐔。古美濃鐔とは、桃山時代に美濃国で製作された鐔。素地に鉄を用いず赤銅や素銅などに秋草文様を真直ぐに深彫し、これに程良く金銀で厚い色絵象嵌を施し、地には必ず魚子を撒く。本作はその特徴があり三枚鐔ではない。金象嵌は露と花芯のみではなく目立たぬが葉先や茎などにも施されている。古雅で高尚な鐔。
価格
売却済
TSU-2753
TSU-2753
TSU-2753
Feb 11, 2024
商品 No. TSU-2754
画題
: 雲龍唐草透図

: 無銘(肥前)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.4cm 横: 7.9cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 南蛮似の肥前鐔と鑑せられる。異国風の双竜瑞雲唐草を地透し金布目象嵌で装飾性が高まり華やか。
価格
: 60,000円
TSU-2754
TSU-2754
TSU-2754
Feb 11, 2024
商品 No. TSU-2755
画題
: 幔幕風景図

: 無銘(平安城象嵌)

時代
: 江戸時代初期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 張り巡らされた陣幕と裏面に陣地から遠く見下ろす風景が図模様に描かれている。表裏の平地肉置きを微妙に違え、真鍮に加えて素銅平象嵌を施す。絵画的な雰囲気を醸す平安城象嵌鐔。2022年保存刀装具審査合格。
価格
: 70,000円
TSU-2755
TSU-2755
TSU-2755
目貫
Feb 11, 2024
商品 No. MEN-2756
画題
: 梅に鶯図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.3cm  右縦: 1.8cm
  左横: 2.1cm  右横: 2.2cm
説明
: 梅に鶯は花札如月(きさらぎ・2月)の絵柄。取り合わせの良いもの、同じ季節内で似合う組合せで、「柳桜に松楓、梅に鶯紅葉に鹿、竹に雀や花に蝶、籬(ませ)の八重菊蔦かづら、桐に鳳凰、獅子に牡丹」と徐瑠璃「お染久松袂の白しぼり」という演目の一説にもある。本作は春を呼ぶ梅に鶯目貫。
価格
: 45,000円
MEN-2756
MEN-2756
MEN-2756
目貫
Feb 11, 2024
商品 No. MEN-2757
画題
: 一路平安

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.2cm
  左横: 4.6cm  右横: 4.3cm
説明
: 小舟に鷺(さぎ)は一路平安の図。一鷺(いちろ)が揺れのない小舟に宿ることで、穏やかな進路を暗示し、旅立つ人への道中無事の願いが込められている。
価格
: 40,000円
MEN-2757
MEN-2757
MEN-2757
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2013-2024
All Rights Reserved.