Main Image
商品 No. WA-0486
表: 手柄山甲斐守正繁
裏: --
姿 鎬造り庵棟、中切先 反りを抑えた端正な姿
武蔵国江戸(本国播磨・陸奥国白川藩抱え工
時代 江戸時代後期(寛政頃)
寸法
刃長
1尺 3寸 2分 0厘
40 cm
反り
1分 5厘
0.5 cm
元幅
9分 6厘
2.9 cm
先幅
7分 1厘
2.1 cm
棟重
1分 9厘
0.6 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 保存刀剣
交付日 平成25年01月29日
登録証
都道府県 兵庫県
交付日 昭和32年04月25日
詳細情報
小板目肌細かに良く詰み、地景入り、地沸付く
刃文 焼き出しを伴なう濤乱風の互の目丁子乱れ、飛焼き掛かる
帽子 直ぐに尖り心の小丸深めに返る
生ぶ、大筋違香包化粧鑢付 先浅い入山形
目くぎ孔 1
素銅地金着庄内風鎺
外装情報
外装 拵付
茶漆塗笛巻鞘脇指拵
拵全長
2尺 1寸 7分 8厘
66.0 cm
柄全長
4寸 8分 8厘
14.8 cm
菊花扇図、赤銅魚子地 地透
目貫 雨龍図 銀地 容彫
縁頭 梅花図、素銅地 高彫
小柄 素紋、素銅地
その他 白鮫皮着黒糸捻り巻柄
説明
手柄山正繁は二代手柄山氏繁の次男として宝暦十年(1760)播州姫路生まれ。兄の新兵衛氏繁が早世したのでその跡を継いで「氏重」または「氏繁」と銘する。播州姫路手柄山の麓に住したことから手柄山を称す。天明年間に大阪で鍛刀、同八年(1788)白河楽翁(陸奥国白川藩三代藩主松平定信・寛政の改革を推進した中心人物で幕府老中・八代将軍吉宗孫)に抱えられ同年江戸に移住し鍛刀する。享和三年(1803)甲斐守を受領。文政十三年(1830)70歳没。作風は津田助廣に私淑し濤瀾風大互の目を得意とする。本作は焼高く飛焼きを交えた濤乱風の刃文。助廣に範を取った手柄山甲斐守正繁の端正な脇指。茶漆塗笛巻鞘拵が附されている。
価格   600,000円   購入
 
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
WA-0486
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2022
All Rights Reserved.