Main Image

新着情報 刀装具

Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2213
画題
: 花角模様図

: 如泉(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.8cm 横: 7.4cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 如泉(じょせん)は如竹(じょちく)の門人。本作のごとく「如泉(花押)」と流麗な草書体で銘を切る。平象嵌と高彫の技法を用いて縁頭と鐔を造る。本作は花角紋(はなかくもん)を中心に、茎を意匠化して左右対称に模様化した特殊な図案。素銅磨地に平象嵌であらわし、耳は篠刻金色絵を施す。特別な注文により製作された拵に附されていたのであろう。上等な鐔。
価格
: 275,000円
TSU-2213
TSU-2213
TSU-2213
Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2214
画題
: 押合菊図

: 友信作

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.9cm 横: 7.3cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
説明
: 菊花を一面に敷詰めた図は押合菊図。本作は、江戸菊、嵯峨菊、伊勢菊、美濃菊、肥後菊が、鐔全面写実的に効果的な金色絵で彩られ丹念に彫られている。友信は江戸後期、井上派の長州鐔工。
価格
: 65,000円
TSU-2214
TSU-2214
TSU-2214
Sep 23, 2021
商品 No. TSU-2215
画題
: 菊花捥形

: 近江守継秀

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 特別貴重小道具

説明
: 継秀(つぐひで)は藤原姓を称した江戸の刀工。三代継平の門人で近江守を受領する。万歳継秀造、継秀鍛、近江守継秀と銘を切り、寛政年紀を添えた刀工鐔も造った。本作は「近江守 継秀」と銘が鐫られた菊花椀形鐔。鉄の鍛えと菊花椀形の造形美が優れている。
価格
: 45,000円
TSU-2215
TSU-2215
TSU-2215
Sep 17, 2021
商品 No. TSU-2207
画題
: 鶴丸透図

: 無名(京透)

時代
: 江戸時代前期

寸法
: 縦: 8.5cm 横: 8.6cm 切羽台厚さ: 0.6cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 鶴は千年長寿の瑞鳥で目出度い吉祥図。本作のように、両翼を丸い形に大きく広げ上げ頭上で結ぶ図は鶴丸透という。本作は精良な地鉄で格調あり優雅。2021年5月審査で京透と極められた鶴丸透鐔。
価格
: 250,000円
TSU-2207
TSU-2207
TSU-2207
Sep 17, 2021
商品 No. TSU-2208
画題
: 円相環文図

: 無名(鎌倉)

時代
: 江戸時代初期

寸法
: 縦: 6.9cm 横: 6.9cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 鉄地で薄手の板鐔に鋤出薄肉彫を施した鎌倉彫の彫刻法に似た鐔を鎌倉鐔という。とらえどころのない紋様が混在し味わい深い古雅な意匠とされ人気がある。本作は二頭渦風の紋と同心円状の環紋を鋤下彫であらわした無銘鎌倉極めの保存刀装具鐔。
価格
: 60,000円
TSU-2208
TSU-2208
TSU-2208
Sep 17, 2021
商品 No. TSU-2209
画題
: 富嶽図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.4cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 富士山は駿河と甲斐の二国にまたがる日本一の名山。古来日本を象徴する高潔な霊山として人々から崇められた。本作は、霞たなびく霊峰富士を金布目平象嵌であらわした鐔。両洲浜の櫃孔は、附された拵に合わせて笄櫃が埋められ、小柄櫃は内覆輪が施され実用の鐔とされた。
価格
: 35,000円
TSU-2209
TSU-2209
TSU-2209
Sep 17, 2021
商品 No. TSU-2210
画題
: 山水舟人図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.6cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 鋤出高彫象嵌色絵であらわした山水舟人図鐔。洲浜紋両櫃孔でうち笄櫃は金埋め。会津正阿弥と思われる。
価格
: 25,000円
TSU-2210
TSU-2210
TSU-2210
Sep 17, 2021
商品 No. TSU-2211
画題
: 扇繋図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.3cm 横: 7.3cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 扇は単に風を作るのみではなく、作法に使われたり、遊びの道具や物を乗せるお盆代わとされた。古来より日本文化で様々な役割を演じてきた扇。本作は八つの扇を地透かしで放射状に繋いで並べ、扇の図として松葉と沢瀉であろうか、真鍮象嵌が施されて装飾性を高めている。
価格
: 30,000円
TSU-2211
TSU-2211
TSU-2211
縁頭
Sep 17, 2021
商品 No. FU-2212
画題
: 外五環酢漿草紋に蔦図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 頭: 3.29cm 縁: 3.67cm 腰: 0.9 cm 
説明
: 本作は、外五環に酢漿草(かたばみ)紋の素銅縁頭。
価格
: 35,000円
FU-2212
FU-2212
FU-2212
Sep 14, 2021
商品 No. TSU-2202
画題
: 梔子図

: 無銘

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 縦: 5.5cm 横: 4.4cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 六花弁の梔子図赤銅喰出鐔。梔子(くちなし)はアカネ科の常緑灌木。果実が熟しても口を開かないから「口無し」といわれる。庭木として植えられることが多い。初夏に強い香りを放つ六弁の白い花を咲かせる。秋につける実は乾燥させて生薬、漢方薬の原料となり、種は染料に使われる。本作は、金色絵を施した梔子を耳際に重ね散し赤銅石目地に華やかさを持たせた喰出鐔。上品な作で江戸中期頃まで時代が上がると思われる。
価格
: 55,000円
TSU-2202
TSU-2202
TSU-2202
Sep 14, 2021
商品 No. TSU-2203
画題
: 桜に蔓図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 5.0cm 横: 3.7cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 満開花盛りの桜花と覆い尽くす蔓を金銀布目象嵌で装飾した喰出鐔。栄華を誇る状態が末永く続く気持ちが込められている。布目象嵌の剥落少なく保存状態良好。
価格
: 30,000円
TSU-2203
TSU-2203
TSU-2203
Sep 13, 2021
商品 No. TSU-2199
画題
: 蘭花透図

: 無銘(神吉)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.6cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 本作は、未審査ながら肥後金工大鑑に無銘楽寿で掲載(P347)されている蘭花透鐔と酷似する鐔。楽寿は神吉家三代。細川公の命により伝法を守るため林家秘法を神吉初代の寿平に伝授させたと伝えられている。初代の子が二代深信(ふかのぶ)、三代は名工として知られる楽寿(らくじゅ・明治17年68歳没)。肥後金工大鑑の短評には、「この図柄も神吉家の創始である」と記述がある。茎櫃孔の鏨から本作は肥後神吉家の作と思われる。
価格
: 110,000円
TSU-2199
TSU-2199
TSU-2199
Sep 13, 2021
商品 No. TSU-2200
画題
: 時雨亭透図

: 無銘(赤坂)

時代
: 江戸時代末期

寸法
: 縦: 7.1cm 横: 6.9cm 切羽台厚さ: 0.6cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 時雨亭は京都市東山区下河原町の高台寺(こうだいじ)の境内にある開放的な数寄屋造りの二階建て茶室。土間廊下で平屋の傘亭(からかさてい)とつながれている。もと伏見城内にあった豊臣秀吉の茶室を正室北政所が慶長十年(1605)移築したともいわれている。本作は、無銘ながら時雨亭透を得意とする赤坂極め。肥後や伊藤派などの影響を受けた忠時彦十郎九代頃とされている。
価格
: 65,000円
TSU-2200
TSU-2200
TSU-2200
Sep 13, 2021
商品 No. TSU-2201
画題
: 桐唐草透図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.0cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 鉄色黒い磨地で角耳小肉、精巧な肉彫地透の彫法から長州と鑑せられる品格ある鐔。
価格
売却済
TSU-2201
TSU-2201
TSU-2201
目貫
Sep 12, 2021
商品 No. MEN-2197
画題
: 叭々鳥(ははちょう)図

: 無銘

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 左縦: 1.3cm  右縦: 1.3cm
  左横: 5.0cm  右横: 5.1cm
説明
: 枝に止まる鳥の図目貫。鳥は叭叭鳥(ははちょう・はっかちょう)であろうか。叭叭鳥は中国、東南アジアに住む瑞鳥で全身が灰色がかった黒色。中国で水墨画に描かれ吉祥の画題として好まれた。本作は細身の目貫で裏行きに容彫の妙味が見て取れる。丹念に作られた目貫。
価格
売却済
MEN-2197
MEN-2197
MEN-2197
目貫
Sep 12, 2021
商品 No. MEN-2198
画題
: 二匹獅子図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.6cm
  左横: 4.3cm  右横: 4.2cm
説明
: 京金工と思われる二疋獅子目貫。麦漆の痕跡が残り拵に附されていた実用の物。
価格
: 30,000円
MEN-2198
MEN-2198
MEN-2198
目貫
Sep 12, 2021
商品 No. MEN-2205
画題
: 鬼灯(ほうずき)図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.4cm
  左横: 4.2cm  右横: 4.3cm
説明
: 鬼灯(ほおずき)の名は、赤い頬(ほほ)の状態(付き)に由来するといわれ、平安時代から鎮静剤として利用されてきた。ほおずきに「鬼灯」の字を当てるのは、盆に先祖が帰ってくるとき目印となる提灯の代わりとして飾られたことに由来する。 本作は、開いた皮の中の実を金鍍金で据えためずらしい意匠の素銅目貫。
価格
: 40,000円
MEN-2205
MEN-2205
MEN-2205
目貫
Sep 12, 2021
商品 No. MEN-2206
画題
: 馬具図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 左縦: 1.4cm  右縦: 1.5cm
  左横: 3.0cm  右横: 3.0cm
説明
: 鞍に鐙をあらわした馬具図目貫。武田菱が鞍に描かれている。
価格
: 40,000円
MEN-2206
MEN-2206
MEN-2206
Sep 11, 2021
商品 No. TSU-2194
画題
: 藻出鯉図

: 保壽

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 5.9cm 横: 4.9cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 普段深みに棲む鯉が春から夏の一時期産卵のため川藻の浅瀬にあらわれ、それを古人は「藻出鯉(もいでこい)」として愛でた。あまり見る事のない川魚の長である鯉をみる目出度い徴(しるし)であり、産卵は子孫繁栄の吉祥事。本作は藻出鯉を丹念な片切毛彫りで障泥形朧銀地の喰み出し鐔にあらわしている。本作二字銘の保寿(やすとし)は複数ある保寿銘から特定は困難だが江戸時代後期の一作拵を飾った注文鐔であろう。
価格
: 60,000円
TSU-2194
TSU-2194
TSU-2194
Sep 11, 2021
商品 No. TSU-2195
画題
: 亀甲唐草図

: 無銘(尾州則亮)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.6cm 横: 7.0cm 切羽台厚さ: 0.3cm 
鑑定書
: 特別貴重小道具

説明
: 尾州則亮と極められた亀甲唐草図鐔。尾州則亮は、尾張国江戸後期から明治にかけて初二代ある二子山則亮(ふたごやま のりすけ)。名古屋二子山住。尾張鐔の持ち味を生かして古作信家写しや柳生写しを得意とする。尾張徳川家の御用を勤めた。本作は古作信家写し。中低(なかびく)で尾張の特徴を捉えた脇指鐔。
価格
売却済
TSU-2195
TSU-2195
TSU-2195
小柄
Sep 11, 2021
商品 No. KOZ-2196
画題
: 塩屋図

: 無銘

時代
: 桃山時代

寸法
: 長さ: 9.5cm 幅: 1.4cm
説明
: 浜辺に草葺きの小屋と桶に人夫から塩屋の図と思われる。塩屋は海水から砂浜で塩を作る日本旧来からの製塩法を題材にした図。本作は、魚子や高彫表面の擦れ具合からかなり時代は上がり、古金工と思われる。戸尻近くに抜穴が施されためずらしい小柄。裏板の保存状態も良い。
価格
: 50,000円
KOZ-2196
KOZ-2196
KOZ-2196
Sep 10, 2021
商品 No. TSU-2193
画題
: 月夜時鳥透図

: 無銘(赤坂)

時代
: 江戸中期

寸法
: 縦: 7.6cm 横: 7.5cm 切羽台厚さ: 0.6cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: やや厚手で鉄質よく、力強さありながら垢抜け洗練された意匠。赤坂の特徴を十分に堪能できる鐔。
価格
: 100,000円
TSU-2193
TSU-2193
TSU-2193
Sep 10, 2021
商品 No. TSU-2192
画題
: 漁夫図

: 万延元庚申歳 保一(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 8.3cm 横: 7.6cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 保一(やすかず)は小林氏。珍寿(よしとし)同人。因幡国鳥取住。同郷で土屋昌親門の土屋武親門人。安政五年(1858)から鳥取藩工として銀三枚を支給される。本作は、藩工になって2年を経た万延元年(1860)作鐔。幕末の拵を飾った金工鐔。
価格
売却済
TSU-2192
TSU-2192
TSU-2192
Sep 10, 2021
商品 No. TSU-2191
画題
: 波龍図

: 無銘(京金工)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.0cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 飛沫(しぶき)立つ波間に姿をあらわした龍図鐔。裏面には宝珠が輝き縁起が良い。良質の赤銅地は中低(なかびく)のつくり。京金工に極められているが尾張金工の作風も窺える。
価格
: 250,000円
TSU-2191
TSU-2191
TSU-2191
Sep 9, 2021
商品 No. KOU-2109
画題
: 亀甲紋図

: 鎌田乗寿(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 長さ: 21.2cm 幅: 1.2cm
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 鎌田乗寿(かまたじょうじゅ)は赤銅や四分一の魚子地に定紋を高彫にした作があり、平象嵌も行う。陸奥国陸前、常陸国水戸住。江戸後期。本作は、三つ組み合い一重亀甲紋を表紋とし、丸に三つ盛亀甲花菱紋を裏紋とする武家の特注品と思われる。2021年5月刀装具審査で特別保存合格。
価格
: 120,000円
KOU-2109
KOU-2109
KOU-2109
Sep 9, 2021
商品 No. KOU-2110
画題
: 亀甲に梶葉紋図

: 泉秀寿(花押)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 長さ: 20.0cm 幅: 1.1cm
鑑定書
: 特別保存刀装具

説明
: 泉秀寿は大森英秀と大森の苗字を免許された仙台出身秀知の門人。青龍斎と号する。江戸後期、江戸住。本作は上質の赤銅を用いて「亀甲に立ち梶の葉」家紋を魚子地に据えた笄。武家の特注品であろう。2021年5月刀装具審査で特別保存合格。
価格
: 120,000円
KOU-2110
KOU-2110
KOU-2110