Main Image
商品 No. WA-0444
表: 九州肥後同田貫上野介
裏: 八月吉日
肥後国
時代 室町時代後期(天正頃)
寸法
刃長
1尺 7寸 9分 5厘
54.4 cm
反り
3分 3厘
1 cm
元幅
1寸 1分 3厘
3.4 cm
先幅
8分 0厘
2.4 cm
棟重
2分 5厘
0.8 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和元年05月23日
登録証
都道府県 千葉県
交付日 昭和43年07月26日
詳細情報
姿 鎬造り庵棟、身幅広く重ね厚く、中切先延びごころの豪壮な姿
杢交じりに板目流れて肌立つ
刃文 直ぐ小乱れ匂口締まり、ほつれ、二重刃掛かり、小足、葉入る
帽子 やや乱れて掃き掛け気味に返り、棟焼ある
生ぶ、浅い勝手下がり鑢 栗尻
目くぎ孔 2
素銅地棟部金着
説明
同田貫は、鎌倉時代末期(元応頃)に肥後守護職として重きをなした菊池一族の招きに応じ、京都山城より移住した名工延寿国村を始祖とし栄えた延寿鍛冶の末裔と伝えられる。本作の同田貫上野介(どうたぬきこうずけのすけ)は作刀の多くを同田貫上野介とのみ銘を切る同田貫初代の同田貫上野介正国。同田貫という地名がある肥後国菊池郡城北村稗方出身。兄は清国といい兄弟で加藤清正の姓を一字ずつ授かったと伝えられる。正国は加藤清正に召し抱えられ禄高一千石を賜り熊本城の御用刀工を仰せ付けられた。作風は実戦本位、剛健で切れ味抜群。「折れず曲らず同田貫」「兜割正国」と称賛される同田貫の代表工。また豊臣公征韓の役に清正と共に従軍して釜山に於いて日本刀を鍛えたことで有名。同田貫を名乗る刀工は傍系を含め五十数名あるが、著名なる刀工は初代上野介正国、九代大和守正勝、十代延寿太郎宗広、十一代延寿太郎宗春等がある。中でも初代上野介正国は人気、評価ともに秀でた存在。本作は同田貫上野介が鍛えた脇指の傑作。
価格   1,250,000円   購入
 
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444
WA-0444