Main Image
商品 No. WA-0264
表: 飛騨守藤原氏房
裏: --
姿 平造り三つ棟、重ね厚く、身幅広くふくら付いた豪壮覇気ある姿
尾張国
時代 江戸時代初期(慶長)
寸法
刃長
1尺 3寸 0分 4厘
39.5 cm
反り
1分 7厘
0.5 cm
元幅
1寸 1分 5厘
3.5 cm
棟重
2分 6厘
0.8 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 平成28年07月21日
登録証
都道府県 東京都
交付日 平成20年05月20日
詳細情報
小板目肌地沸付き湯走り走る
刃文 互の目大きく乱れ、荒めの沸付き砂流し交じる
彫刻 表二筋樋、裏護摩箸
帽子 地蔵風、湾れ込んで先尖り気味に深く返る
生ぶ、筋違鑢、栗尻
目くぎ孔 1
柄木鎺
説明
氏房(二代)は永禄十年(1567)若狭守氏房(初代)の嫡男として関に生まれ、天正十七年(1589)23歳清州で鍛刀の業を修め、父没後は隣家の初代信高に師事したと伝えられている。天正二十年(1592)関白秀次の斡旋で飛騨守を受領。その後福島正則、松平忠吉その弟徳川義直等に仕えて鍛刀し慶長十五年(1610)名古屋城完成とともに名古屋に移住。寛永八年(1631)隠居して嫡子氏房(三代)に家督を譲り同年歿、65歳。同工は尾州刀工中最も地刃が冴えるとされる業物、上作刀工。本作は重ね厚く身幅広くふくら付き、無骨で豪壮、覇気横溢する姿。現在は柄木鎺の特別保存刀剣。出所の良さが窺える傑作。
価格   1,000,000円   購入
 
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264
WA-0264