Main Image
商品 No. NAG-0015
表: 対馬守藤原貞重
裏: --
姿 薙刀造り 三ツ棟、身幅重ね尋常な良い姿
尾張国
時代 江戸時代前期(寛文頃)
寸法
刃長
1尺 3寸 4分 0厘
40.6 cm
反り
9分 2厘
2.8 cm
元幅
1寸 0分 0厘
3 cm
先幅
1寸 1分 0厘
3.3 cm
棟重
2分 7厘
0.8 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和02年08月28日
登録証
都道府県 兵庫県
交付日 昭和49年08月01日
詳細情報
小板目細かく詰み、地沸が良く付き美しい
刃文 高低を交えた型の互の目乱れ揃う
彫刻 表裏薙刀樋
帽子 突き上げ気味に小丸、品よく返る
生ぶ、勝手下がり鑢、栗尻
目くぎ孔 2
素銅地金着横鑢鎺
説明
対馬守藤原貞重は尾張名古屋住、大阪にても造る。越中守貞幸門。良き業物刀工。本作は同工によるめずらしい薙刀作。焼幅広く健全で出来が良い。今年6月審査で特別保存刀剣合格。
価格   400,000円   購入
 
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015
NAG-0015