Main Image
商品 No. NAG-0009
表: 廣重
裏: --
武蔵国江戸
時代 江戸時代前期
寸法
刃長
1尺 2寸 9分 4厘
39.2 cm
反り
9分 9厘
3 cm
元幅
8分 8厘
2.7 cm
先幅
1寸 1分 2厘
3.4 cm
棟重
2分 2厘
0.7 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 保存刀剣
交付日 平成30年6月13日
登録証
都道府県 東京都
交付日 平成27年01月13日
詳細情報
姿 先反りの強い尋常な造り込み
板目肌に下原特有の如輪杢を交え地沸付き地景太くはたらく
刃文 浅い湾れに小互の目、小丁子、山形の刃を交え起伏に富み砂流し掛かる
彫刻 表裏薙刀樋
帽子 浅く湾れて小丸に返る
切鑢、切尻、長さ36.5cm(1尺2寸)
目くぎ孔 1
素銅地銀着水戸鎺
外装情報
外装 拵付
黒漆塗三階松紋鞘薙刀拵
拵全長
8尺 0寸 8分 5厘
245.0 cm
説明
武州下原廣重と極められた廣重二字銘の薙刀。下原鍛冶は現在の東京都八王子(武蔵国下原)に住した永正頃(1504)の山本周重(ちかしげ)を初代とした山本一族十家を中心とした鍛冶一派。新刀期においては甲州武田家、小田原北条家門下で駐鎚し、新刀期には徳川幕下を許され栄えた。俗名がなければ代別は難しいが、周茂・康重・照重・廣重の四工が著名。作風は概ね末相州・村正一派に末関を加味したものであり、地鉄に如輪杢(じょりんもく)といわれる渦を巻いたような肌があらわれる。本作は、下原一派の特徴があらわれた先反りの強い姿の薙刀。時代の黒漆塗三階松紋鞘薙刀拵が附されている。
価格   400,000円   購入
 
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009
NAG-0009