Main Image
商品 No. KA-0393
表: (菊紋)越前守法城寺橘正照
裏: 天和二年八月吉日
姿 鎬造り庵棟、小切先気味 反り浅めの寛文新刀姿
武蔵国・羽後国
時代 江戸時代前期(1682年)
寸法
刃長
2尺 3寸 3分 3厘
70.7 cm
反り
3分 6厘
1.1 cm
元幅
9分 8厘
3 cm
先幅
5分 7厘
1.7 cm
棟重
2分 4厘
0.7 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和3年12月3日
登録証
都道府県 秋田県
交付日 昭和34年06月22日
詳細情報
小板目上方柾流れ地沸付く、鎬地柾目
刃文 匂深く帯状を呈し浅く湾れて冴える
帽子 直ぐに小丸浅く返る
勝手下がり鑢 茎尻摘んで切 (刃区は送っていない)
目くぎ孔 2
素銅地金着総鑢二重鎺
外装情報
外装 拵付
黒蝋色塗斜刻鞘肥後拵
拵全長
3尺 4寸 6分 5厘
105.0 cm
柄全長
9寸 0分 1厘
27.3 cm
雨龍図、鉄地 撫角形 土手耳 鋤彫 金銀布目象嵌
目貫 雨龍図、金無垢地 容彫
縁頭 瑞雲図、鉄地 布目象嵌
その他 白鮫皮着平文字掛茶革巻柄、革佩環、瑞雲図鉄鍬形鐺
説明
法城寺正照は、法城寺正広の門人で法城寺一門中の上手。のち二代伊賀守金道に学び、越前守を受領し、茎に菊紋を切ることを許され、佐竹家に招かれて羽後秋田に移る。この刀は典型的な寛文新刀の姿を示し、刃文は匂深く浅く湾れ、鍛は小板目基調。地刃の出来が傑出している法城寺派典型作。柄前の関係であろうか長い茎を摘んではいるが区送りはない。天和二年(1682)の裏銘貴重。金無垢目貫の幕末肥後拵が付されている。特別貴重刀剣であったが、2021年9月審査で特別保存合格。
価格   1,000,000円   購入
 
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
KA-0393
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2021
Touken Matsumoto Corp.
All Rights Reserved.