Main Image
商品 No. KA-0379
表: 無銘(延寿)
裏: --
肥後国
時代 南北朝時代
寸法
刃長
2尺 2寸 9分 0厘
69.4 cm
反り
5分 9厘
1.8 cm
元幅
9分 6厘
2.9 cm
先幅
6分 2厘
1.9 cm
棟重
1分 7厘
0.5 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 平成元年10月03日
登録証
都道府県 大阪府
交付日 昭和26年06月04日
詳細情報
姿 鎬造り庵棟、小切先気味 鳥居反りの太刀姿
小板目肌杢交じり僅かに流れ地沸細かにつく
刃文 中直刃小沸付きほつれ、僅かに砂流し掛かる
彫刻 表裏掻き流しの棒樋、裏茎部に浮彫跡窺える
帽子 深く直ぐ丸く返る
磨上、鑢目切り 先切り 無銘
目くぎ孔 3
素銅地金着霞模様鎺
説明
延寿派は山城国来国行の孫と伝える太郎国村を祖として、鎌倉末期より南北朝期にかけて肥後国菊池郡の地に栄えた。国村の門下に国時、国吉、国泰、国資、国信らの良工が輩出しており、作風は総じて来派の作風に似た直刃調。本作は、太刀造り姿で、鍛は地沸が微塵に付いた杢交じりの小板目肌。刃文は匂口深い直刃にほつれ、砂流し風掛かりはたらき豊か。来風の特色があらわれている延寿極めの気品ある古作。
価格   700,000円   購入
 
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379
KA-0379