Main Image
商品 No. WA-0523
表: 常陽水府住穂積弘近
裏: 安永三甲午二月日
姿 鎬造り庵棟、中切先延びごころ 反りを抑えた姿
常陸国水戸
時代 江戸時代中期 (1774)
寸法
刃長
1尺 7寸 1分 3厘
51.9 cm
反り
3分 0厘
0.9 cm
元幅
9分 4厘
2.9 cm
先幅
6分 9厘
2.1 cm
棟重
1分 7厘
0.5 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 保存刀剣
交付日 平成26年07月09日
登録証
都道府県 東京都
交付日 昭和27年08月13日
詳細情報
小板目地沸付き湯走り掛かる
刃文 直ぐ調湾れ、小互の目交じり砂流し掛かる
帽子 僅かに湾れ掃き掛け気味深く返り棟焼を伴う
生ぶ、筋違香包化粧鑢付 先入山形
目くぎ孔 1
素銅地銀着腰祐乗鑢鎺
外装情報
外装 拵付
青貝微塵塗鞘脇指拵
拵全長
2尺 4寸 2分 2厘
73.4 cm
柄全長
5寸 2分 8厘
16.0 cm
木肌に蜘蛛図、鉄地 八角 高鋤彫 露象嵌
目貫 花籠図、容彫 金色絵
縁頭 苫船に千鳥図、真鍮地 高彫象嵌色絵
小柄 鳥刺図、真鍮地 高彫象嵌色絵
その他 白鮫革着金茶色糸摘み巻柄
説明
弘近は本国常陸国水戸。江戸でも作刀する。江戸中期(安永頃)。本作は、鎬造り庵棟、切先延びごころの謹直な姿。地鉄は小板目流れ地沸付き湯走り掛かる。刃文は直ぐ湾れ調に小互の目交じり砂流し掛かる。掃き掛け気味の帽子は下半まで棟焼を伴なう。師伝など詳細明らかではないが香包み化粧鑢を施すなど魅力ある作。時代の青貝微塵塗鞘生ぶ拵が附されている。
価格   400,000円   購入
 
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
WA-0523
株式会社 美術刀剣松本
email
東京西葛西店
TEL 03‍-6456ー0889
FAX 03‍-6456-0877
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-14-3F
野田本社
〒278-0043 千葉県野田市清水199-1
Copyright (C) 2014-2021
Touken Matsumoto Corp.
All Rights Reserved.