Main Image
商品 No. WA-0450
表: 洛陽五條家士大龍子寿宗作 相州正宗七枚以鍛伝
裏: 于時天保九年四月日
姿 平造り庵棟、身幅広く重ね厚く程よく反りの付いた貫禄ある姿
山城国京都
時代 江戸時代後期
寸法
刃長
1尺 0寸 9分 6厘
33.2 cm
反り
2分 3厘
0.7 cm
元幅
1寸 0分 6厘
3.2 cm
棟重
2分 8厘
0.9 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 平成30年12月10日
登録証
都道府県 神奈川県
交付日 昭和39年07月16日
詳細情報
杢目肌立ち地景蠢く
刃文 直ぐ調小乱れ小沸付き柾目肌風に砂流し掛かる
帽子 直ぐ焼詰め風僅かに返る
生ぶ、化粧付筋違鑢 浅い刃上がり栗尻
目くぎ孔 1
銀無垢庄内風鎺
説明
大龍子寿宗は、銘より新々刀期の因幡国名工眠龍子寿実を代表工とする濱部系と思われる。相撲司家として鎌倉時代以降君臨してきた山城五条家の侍鍛冶で、相州正宗の七枚鍛法で鍛えたことが長銘からわかり資料性が高い。本作は、杢目肌立ち地景蠢く地鉄に直ぐ調小乱れ柾目肌風の砂流し掛かる刃文が特筆。特別保存刀剣。
価格   350,000円   購入
 
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450
WA-0450