Main Image

新着情報

Oct 12, 2021
商品 No. KA-0417
: 無銘(後代宝寿)
刃長
: 2尺 3寸 1分 0厘 / 70.00 cm
説明
: 宝寿は中尊寺のある奥州平泉刀工。藤原家滅亡後もなお武器の必要から室町前期の応永頃まで続いた。「宝寿」という目出度い銘であるために徳川時代には慶事の献上物として珍重された。その特徴は、姿上品にして反り高く、地肌綾杉風にして刃文直刃多く時として乱れもあり、本場ではない地方刀工色を窺わせる。藤島友重や雲州忠貞に見える作も多いとされる。本作は、審査で後代宝寿と極まる。姿や特徴に地方色窺えるが、飛焼き風の湯走りが頻り掛かり棒映り立つ。さらに上位の極めが望まれる作。
: 陸奥国平泉
外装
: 白鞘
価格
: 850,000円
 
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2218
画題
: 月兎図

: 安信(花押)

時代
: 江戸時代中期

寸法
: 縦: 8.1cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.4cm 
説明
: 安信は初代土屋安親の門人。二代安親の若銘ともいわれる。江戸中期。出羽国庄内住で江戸にも住む。本作は、安親の月兎に倣う。効果的な陰透で月下の兎をあらわしている真鍮障泥形鐔。
価格
売却済
TSU-2218
TSU-2218
TSU-2218
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2219
画題
: 三傘透図

: 無銘(正阿弥)

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.5cm 横: 7.2cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
鑑定書
: 保存刀装具

説明
: 竹の持ち手で骨組み太く油紙を貼った和傘は番傘。傘は雨傘として使われるだけではなく、魔除けや権力の象徴としても使われた。本作は番傘三張(はり)を円状に繋いだめずらしい意匠。鉄味良く正阿弥極めで保存刀装具鑑定書が付いている。
価格
: 60,000円
TSU-2219
TSU-2219
TSU-2219
Oct 12, 2021
商品 No. TSU-2220
画題
: 糸車図

: 無銘

時代
: 江戸時代後期

寸法
: 縦: 7.7cm 横: 7.7cm 切羽台厚さ: 0.5cm 
説明
: 機織りの糸車にたっぷりと糸が巻かれた図。糸車に十分な糸が巻かれた状態は長寿や繁栄の願いをなぞらえている。そして耳に施された蔦唐草の金布目象嵌は延びる蔓がその願いをさらに強調し煌びやかな作に仕立てている。
価格
: 55,000円
TSU-2220
TSU-2220
TSU-2220