Main Image

新着情報

脇指
Sep 6, 2021
商品 No. WA-0462
: 陸奥大掾三善長道(中条長重代銘)
刃長
: 1尺 7寸 7分 5厘 / 53.80 cm
説明
: 本作は陸奥大掾三善長道が作刀し、その師匠中条長俊の子である中条長重が代銘したと鑑定書に付記された珍品。三善長道は長政の長男として寛永十年(1633)生れ。長道16歳時の父長政臨終にあたり長政は嫡男長道の指導を門人の中条長俊に託し、長俊はその遺言を守り長道を育てた。万治二年(1659)長道が陸奥大掾を受領すると長俊は別家中条家を創立。延宝三年(1675)没。中条家はその三代に名工道辰が出て以降明治まで六代続く。中条長俊嫡男の長重(中条家二代)は三善長道と共に父長俊について鍛刀の技を学んだ。本作は、作柄から寛文後期から延宝ころの作と思われる。三善長道と中条家のつながりを知る脇指。
: 陸奥国会津
外装
: 拵付
価格
: 650,000円