Main Image
商品 No. YA-0104
表: 相州住助廣
裏: --
相模国
時代 室町時代中期(文明頃)
寸法
刃長
1尺 0寸 0分 0厘
30.3 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 令和2年11月9日
登録証
都道府県 山梨県
交付日 平成18年03月02日
詳細情報
姿 平三角直槍、塩首五角
板目流れやや肌だつ
刃文 直ぐ調小乱れ
彫刻 平地に太樋、鎺元裏に梵字一字
帽子 小丸に深く返る
長さ44cm、上半鑢目切り、
目くぎ孔 2
説明
相州住助廣の初代は相州吉廣門人で南北朝後期の康暦頃、二代は応永頃、三代は文安頃、四代は文明から明応頃、五代は広正の子で永正頃と伝えられるが、作刀を経眼するのは四代あるいは五代と思われる助廣のみ。鎌倉住と伝えられる。本作は平地に大樋を掻く1尺越えの平三角槍。塩首(けらくび)に梵字が彫られ彫物上手な四代と鑑せられる。今年9月審査に申請して特別保存刀剣に合格。
価格   250,000円   購入
 
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104
YA-0104