Main Image
商品 No. KA-0079
表: 岩井鬼晋麿源正俊
裏: 文久二年二月日作之
武蔵・江戸
時代 幕末
寸法
刃長
2尺 4寸 8分 2厘
75.2 cm
反り
6分 3厘
1.9 cm
元幅
1寸 0分 9厘
3.3 cm
先幅
8分 5厘
2.6 cm
棟重
2分 5厘
0.8 cm
日本美術刀剣保存協会鑑定書
鑑定書 特別保存刀剣
交付日 平成13年6月14日
登録証
都道府県 東京都
交付日 昭和42年9月14日
詳細情報
姿 鎬造庵棟
小板目詰んで地沸厚く付く
刃文 大互の目、角がかった刃、小互の目等交り、荒沸交り砂流し掛かる
彫刻 丸留棒樋
帽子 乱れ込んで先尖りごころに丸く返る
生ぶ長目 鑢目筋違栗尻
目くぎ孔 1
素銅地金着腰祐乗鎺
外装情報
外装 拵付
茶石目地塗鞘打刀拵
拵全長
3尺 4寸 6分 5厘
105.0 cm
柄全長
8寸 2分 5厘
25.0 cm
反り
6分 3厘
1.9 cm
無紋点刻縁取 銅地赤銅重着
目貫 獅子図 金色絵
縁頭 無紋 朧銀槌目地
説明
岩井鬼晋麿源正俊は関宿(現野田市)城主久世広運の八男で後に旗本岩井家の養子となり清麿門に入りました。作風清麿、正雄に似て、この刀も清麿およびその一門の特徴が随所に表れている豪壮な刀です。
価格   2,500,000円   購入
 
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079
KA-0079